桜山建築設計NEWS

| CALENDAR | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
住宅 リフトアップ 改修工事 (アメリカ)

アメリカの一部の地方では
今後 洪水の予想されるエリアでの
住宅のリフトアップ改修工事を
推奨し補助金を出しているとの事。


ハリケーン等での洪水


将来の洪水に備え
建物全体を持ち上げる


コンクリート柱 + 鉄骨フレーム



                                画像 bloomberg より転載

日本でも地盤沈下の対策としての
ジャッキアップ工法は聞きますが
このレベルの工事はあまり聞いた事が無い。

地震の多い地域特性もありますが





温暖化 水位上昇←          → 木の大きさ、津波の大きさ






この写真 等見ると この地域の
水害の深刻さを感じる
                             画像 海外サイト FEMA より転載







ちなみに水位上昇がシュミレーション
できる サイト
Flood Maps



  世界のキレイな図書館 ←  → シュレーダー邸(オランダ)

| 海外建築 | - |
シュレーダー邸 (オランダ)




G・T・Rietveld / Rietveld Schröder House
リートフェルト / シュレーダー邸


オランダ ユトレヒト 1924完成
ユネスコ 世界遺産 登録


確かツアーに申し込まないと
内部が見れなかった。
いろいろ仕掛けがある建物です。

ちなみに少し前のコメントに
登場した D・ブルーナもこの
デ・ステイル
の影響を受けている。




住宅リフトアップ改修(アメリカ) ←       → 彫刻家 Dani Karavan

 

| 海外建築 | - |
彫刻家 Dani Karavan (ダニ・カラヴァン)



Passage, a Homage to Walter Benjamin
パサージュ ヴァルター・ベンヤミンへのオマージュ

Dani Karavan  web site より転載




Negev memorial monument
ネゲヴ記念碑

Dani Karavan  web site より転載




キレイだ

Dani Karavan  web site より転載




Way of Peace

Dani Karavan  web site より転載






Axe Majeur / 大都市軸

Dani Karavan  web site より転載



Dani Karavan  web site より転載






Pyramide (Axe Majeur)

Dani Karavan  web site より転載




Way to the Hidden Garden
札幌 芸術の森 野外美術館

Dani Karavan  web site より転載

他にも国内は
九州 や 奈良 にも あります。


wiki

         室生山上公園 芸術の森 / ダニ・カラヴァン ←    → E・アンバース               

 シュレーダー邸 ←        →  C・Jencks

| 海外建築 | - |
コントラストのきいた庭 チャールズ・ジェンクス  (Charles Jencks)



「The Garden Of Cosmic Speculation」
scotland


建築雑誌で見て
驚いた写真。
こんな庭園デザインがあるとは。。


行ってみたい






「Cells Of Life」
scotland








Charles Jencks  web site より転載




                         → (庭) 愛知県緑化センター


Green  Architecture


Dani Karavan ←         → Pole House

| 海外建築 | - |
海外のビックリ建物 Pole House 他



Pole House / Frank Dixon


 
最初みた時 CGかと思ったら 実在するらしい
(オーストラリア / フェアヘブン)
スカイハウス もびっくりの建築

地震の多い日本では考えられないし
住みたいとは思わないが、
怖い物みたさで見てみたい。


                 画像 海外site GreatOceanRoad より転載

海外びっくり建築2ロッククライミングハウス←  → 混沌建築? 天地の家




Mercedes House / Enrique Norton (Ten Arquitectos)
ニューヨーク マンハッタンにある
高層建築

地価の高いマンハッタンで
贅沢なつくり

アルキテクトニカ のテイストに近い?)

緑の少ない都会に住んでいると
緑が欲しくなる 気持ちは
 世界 共通のようだ。


                       画像 Instrata At Mercedes House より転載



個人的には、緑の段々(階段)等
建築に惹かれる傾向がある。

エミリオ・アンバース


モシェ・サフディ


MVRDV 1

MVRDV 2



庭 チャールズ・ジェンクス ←           → 海外建築 4

| 海外建築 | - |
海外建築 4  思い出す事



勤め先を辞め
海外旅行時



その結果
退職金 と 少ない貯金 無くなる。。。









ローマ
パンテノン
感動


コロッセオ ←               .



アウシュビッツ
見ておきたかった負の遺産




中でも 「ビルケナウ収容所」 は
想像よりはるかに大きい




オランダ
アンネ・フランクの家



                    → 海外旅行 建築 3
                       →  海外旅行 建築 2




 Pole House ←       → Kimbell art museum

 

Sakurayama-Archict-Design 末正 浩一

| 海外建築 | - |
Kimbell art museum (キンベル美術館) / L・Kahn



kimbell art museum
キンベル美術館/ ルイス・カーン


後世に多大な影響を与えた
名作中の名作建築


                         画像 wiki Kimbell Art Museum より転載 



                          → movie 「My Architect  Louis Kahn」

     海外建築 4 ←        → 断崖に建つ階段建築 Casa Malaparte 

| 海外建築 | - |
海外 光害ニュース 「 Dallas / Museum Tower 」 by Bloomberg


米テキサス州ダラスの42階建て分譲マンション、ミュージアム・タワーは、マンションをブランド化して400万ドルの部屋を売るために、隣接する美術館、ナッシャー彫刻センターの名声を借用した。
さらに、同タワーはそのガラス壁が放つギラギラした光で美術館の作品を焼きつくそうとしている。
2年にわたる論争は最近、市議会議員や美術団体からの解決策を求める声やフェイスブックへの偽投稿事件を受けて激化した。


ダラスの重要文化施設の一つであるナッシャー彫刻センターの庭園を取り囲むギャラリーは、
自然光の下で作品を鑑賞できるよう天井がガラス張りになっている。設計したのは日光を華麗に操ることで有名なイタリアの建築家、レンゾ・ピアノ氏だ。

 同氏は国際的エンジニアリング会社アラップの照明デザイナーとともにガラス天井を設計。丹念にデザインした金属スクリーンを天井の上に取り付け、ダラスの強い日差しが北に向いた卵型の隙間を通して入るようにした。こうして弱められた光は美術品に最適だと考えられている。


だが、2億ドルをかけて建設されたミュージアム・タワーには反射ガラスが張られていたため、焼けつくような光が天井の隙間から直接差し込むようになる。反射光は草木を焼き、現代美術家のジェームズ・タレル氏が庭に制作した「スカイスペース」の効果を台無しにした。



タワーの設計を担当した建築設計事務所ジョンソン・フェインのスコット・ジョンソン氏は、図らずも、通常なら単に不快なだけの現象を有害なものに変えてしまった。

 インタビューに対し、同氏は建設前に彫刻センターを訪れ、美術館の建物が自然光を必要とする造りであることを承知していたと語った。

 だが、彼はそのまま計画を進め、最も広い面を庭園と午後の強い日差しに向け、全面をガラスで覆ったタワーを設計する。



ジョンソン氏は、反射光は害を及ぼさないと思ったと話す。彼は著名建築家、フランク・ゲーリー氏の設計したディズニー・コンサート・ホールのことを思い出すべきだったかもしれない。同ホールは外壁の反射光が周囲の建物の温度を上げ、ドライバーの目をくらませるとして世界中で話題になった。


ジョンソン氏の依頼人である警察消防年金機構も、以前の土地所有者が彫刻センターの自然光を損なわないと約束していたことを彼に思い出させるべきだった。

 「非常に残念だ」とジョンソン氏は話す。当然だ。


ナッシャー彫刻センターは専門家を雇い、ミュージアム・タワーに格納式の日よけスクリーンを取り付けるよう提案した。同様のシステムはヨーロッパで使用例がある。

 ミュージアム・タワーの改良には多くの技術的課題と費用の問題が立ちはだかる。年金機構はタワーの改良案を却下し、彫刻センターに天井の隙間を再配置して反射光を遮る新しい光フィルターを設置するよう提案した。同センターは、新フィルターはギャラリーの採光を最適に保てない可能性があり、庭園の植え込みへの被害も解消されないと主張している。

ピアノ氏は「同センターは彫刻を第一に考え、通常必要とされるよりもはるかに高い採光量を確保できるよう設計した」と説明し、「それがこの空間を魅力的に見せているのだ」と付け加えた。



 こうした議論は彫刻センターだけでなく、映画館やオペラハウスなど周辺の文化施設にも悪影響を及ぼしている。美術団体は、解決を求める意見記事をダラス・モーニング・ニュース紙に掲載した。


ところが、事態は予想外の展開を見せる。ミュージアム・タワーの広報担当役員がタワー支持の雰囲気を作ろうとフェイスブックの偽アカウントを使って投稿していたことを、モーニング・ニュース紙が暴露したのだ。

この重役は自身が創業した会社を辞職。市議会議員の圧力により、年金機構はミュージアム・タワーの戦略見直しに同意した。

 
説得力のある妥協案に欠くものの、タワーは美術館の並はずれた照明品質を回復させるための解決策を考えだす必要がある。そして、怠慢な開発チームのせいで、その費用は不幸にも市の警察官や消防士が負担することになる。     (ブルームバーグ / James S.Russell) より転載


Bloomberg


| 海外建築 | - |
断崖に建つ階段建築 Casa Malaparte (カーサ・マラパルテ)



イタリア カプリ島に建つ 
カーサ・マラパルテ

影がとてもキレイ





素敵だ
いつか見に行きたい

Casa Malaparte / italy




                                                        画像 海外site Orms から転載





 L・カーン / キンベル美術館 ←    → 分離派会館 Secessionsgeb

| 海外建築 | - |
分離派会館 Secessionsgeb  (ウィーン)




以前 ウィーンで見た
Secessionsgeb  /   Joseph Maria Olbrich
 セセッション館ヨゼフ・マリア・オルブリッヒ
(オーストリア)






内部
照明がかわいい




ウィーン分離派




Gustav Klimt














ウィーンの街角にて

ヨーロッパ各地で良くみかける
「動かない銅像にふんした大道芸人(スタチュー)」
いつかまた行きたい








断崖に建つ階段建築 Casa Malaparte ←  → ジェンガ建築 56 Leonard

 海外旅行 建築 4 ←       → 海外旅行 建築 3

| 海外建築 | - |
Comment








<< | 2/4 | >>